オシャレなマタニティウェア・マタニティ服webショップまとめ

▶ サイトマップ

短期間しか着ないから、高いのはイヤ

マタニティウェアは着る期間が限られているので、できれば安くすませたいもの。でも、安ければ安いなりの質のものになってしまうこともあります。通販のマタニティショップから、安くても質のいいものを扱っているところを探してみました!

定番マタニティウェアの相場は?

マタニティウェアの定番であるワンピースの場合、安いものであれば1,500円くらいから、高いものなら30,000円以上のものまであります。ものにもよりますが、2,000~5,000円くらいで買えるものが多いようです。

トップスなら、1,000円以下で買えるものもあります。中には10,000円を超えるものもありますが、凝ったつくりのものや高級な素材を使ったものでなければ、相場は2,000~3,000円といったところでしょうか。

ボトムスは安いものなら1,000円くらいから、高くても10,000円くらいで買えるものがほとんどです。ジーンズやストレッチパンツなどは、3,000~5,000円くらいで購入できると思います。

厳選したしっかりしたものを買うというのもオトナの選択ですが、マタニティウェアや授乳服の場合は、必要以上に高級である必要はないかなと、私は思っています。

というのは、妊婦になるといろいろと”今までどおりにいかないこと”が多いからです。

まず、自分の身体の幅に慣れず、どこかに引っかかったり、食べ物をこぼしたり。授乳服兼用のマタニティウェアなら、赤ちゃんがミルクを吐いたり、ヨダレをたらしたり。むぎゅーっと引っ張られることもしばしばです。

そんな時に、いちいち心を痛めてはいられませんし、かけはぎやしみ抜きをするのも億劫です。

私は、大事な思い出になる幸せな時間なので、オシャレをしていたい気持ちと、「妊婦でーす」と少し大目に見てもらえる特権などを天秤にかけて、ほどほどを心がけています。

安いマタニティウェアを通販で探すときのポイント

通販で安いマタニティウェアを売っているお店は、中国製や韓国製のものがほとんどです。さらに、安いものであれば、品質もそれなりであることが多いです。

日本製のものは、品質はいいのですが、やはり値段が高いのがネック。マタニティウェアは、着る期間が限られていますし、やはり高いものはちょっと手が出しにくいですよね。

なかには、外国製の服を日本で検品・修正することで、質のよいものを、価格を抑えて販売しようと工夫をしている会社もあります。

たとえば、韓国製では、服の検品の基準が日本よりも緩やかだといわれています。縫い目がずれていたり、糸の始末が雑だったり、ボタンの縫い付けが十分でなかったり……。日本では、不良品になるこうしたケースでも、韓国では商品として通用してしまうことが多々あります。

それを、日本で検品して、不具合のあるものに関して修正等を行うことによって、安くても質のいいマタニティウェアを提供することができるというわけです。

通販なら、こうした企業努力をしているショップもありますから、安い、かつ良質なマタニティウェアを探している人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 
 
 
ページの先頭へ▲
オシャレなマタニティウェア・マタニティ服webショップまとめ