オシャレなマタニティウェア・マタニティ服webショップまとめ

▶ サイトマップ

産前産後に必要な服&必要な物リスト

産前&産後の時期を、お腹の大きさやイベントごとに分けて、必要な洋服などを紹介します。

産前産後にあると便利な服

妊娠中から産後は、体型がどんどん変わっていきます。そのため、その時々で必要なものも変わってきます。また、出産という大イベントには、特別な下着なども必要です。

妊娠初期の頃は、まだお腹が出ていないので、手持ちの服でも十分ですが、つわりで体調がよくなかったりするので、体を締めつけない服で過ごすのがよいと思います。

タイツやレギンスは、伸縮性が高いので、妊娠初期から臨月まで大活躍してくれるアイテムです。私も、上の子の時は早々にタイツやレギンスを買って、手持ちのワンピースなどと合わせていました。

お腹が出てくる5ヶ月頃は、マタニティボトムスやワンピースを用意しはじめるときですね。

ヒロムのときは、マタニティジーンズやマタニティパンツなどは買わず、ワンピースとタイツで過ごしていました。ナナエのときにはじめてマタニティジーンズを買ったのですが、かなりおしゃれの幅が広がったので、ヒロムのときも買っておけばよかった…と後悔したものです。

今回は、早々にスキニータイプのパンツを買いましたよ。

臨月間近になると、出産入院の準備も必要になります。産休に入る人も多いと思うので、ゆったりしたマタニティパジャマや部屋着で、ゆっくり過ごしましょう。

産後は、お宮参りなどのイベントもありますし、赤ちゃんと一緒にお出かけする機会もありますので、授乳しやすい授乳服があると便利です。産前からマタニティウェアとして着られる授乳服もたくさんありますよ。

ヒロムを産んだ頃、私は、授乳服なんて必要ないと思っていました。赤ちゃんのヒロムを連れて、わざわざ長時間のお出かけをすることがなかったからです。

でも、ナナエが生まれたときには、ヒロムの学校の用事などでナナエを連れて歩かなければならなかったので、長時間のお出かけをすることもしばしば。いつでもすぐに授乳ができる授乳服は、必需品になりました。

実際に使ってみると、授乳服はすごく便利だったので、マタニティウェアを選ぶときに、授乳服にもなるものを見ておくといいと思います。

 
 
 
ページの先頭へ▲
オシャレなマタニティウェア・マタニティ服webショップまとめ